奥武蔵の自然

musashi60.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 07日

ケリ

ツツドリポイントを3か所回り、ツツドリを確認できたのは1箇所のみ、その帰り道、稲刈りの終わった田んぼで出会ったケリです。用心深いので車から撮ったが、ロクヨンの手持ちは辛く、ブレ続出であった。

ほぼノートリの一枚、何とかOK。
e0268015_1732226.jpg


e0268015_1732395.jpg


e0268015_17325770.jpg


ケリの美しさは飛翔姿である。今度は、ケリの飛翔に挑戦したい。
ケリ:留鳥、チドリ科
[PR]

# by 1951okumusashi | 2013-09-07 17:39 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 09月 04日

早起きの拾い物

カッコウの給餌を見ようと夜明けとともに現場に到着し、最初に獲ったのがこのカワセミです。朝日が当たったカワセミ幼鳥が不思議な雰囲気をかもし出していましたのでアップしてみました。(撮影時刻5時27分)
e0268015_163579.jpg

e0268015_1632828.jpg

e0268015_1635774.jpg

1枚だけ写っていたダイブ
e0268015_1641816.jpg

[PR]

# by 1951okumusashi | 2013-09-04 22:05 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 09月 01日

カッコウ<托卵>

今地元で話題のカッコウにオナガが給餌する場面を目撃してきました。しかし、葉被りが多く写真にはなりませんでした。
e0268015_15382473.jpg

e0268015_153912100.jpg

e0268015_15394498.jpg

e0268015_15401375.jpg


 カッコウやホトトギスなどのホトトギス科は、托卵という手法で子育てを他の鳥にさせる。カッコウは、オオヨシキリやホオジロなど卵の色合いが似ているものに托卵する。最近は、オナガに托卵する事例が増えているらしい。ホトトギス類は、産卵するまで体内で温めて抱卵状態にしているので産み付けると、本種(オナガ)の卵より早く孵化して、孵化した雛は本種の卵をかき出すので、托卵種のカッコウ雛(1羽)のみが成長するとのことらしい。
 ホトトギスはウグイスに、ツツドリはセンダイムシクイに托卵することが多いという。
[PR]

# by 1951okumusashi | 2013-09-01 15:56 | 野鳥 | Comments(8)
2013年 08月 25日

セイタカ着陸?

今日は、鳥屋さんには恨めしい雨、でも涼しくて過ごしやすいです。暇つぶしにパソコン内の掃除をしてあげたら、気持ちよく動いてくれるようになりました。そんなことをしながら思いついて、こんな「手抜き電子紙芝居」を作ってみました。どうぞ、御笑覧ください。
e0268015_11393559.jpg

この後の結末は、Moreをクリック

More:着陸やいかに!
[PR]

# by 1951okumusashi | 2013-08-25 11:38 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 08月 24日

遅ればせながら

初見初撮りのタマシギです。残念ながらメスは新たなイケメンを求めて移動したようで、今回は抱卵中のオスだけです。
e0268015_18182012.jpg

e0268015_18183598.jpg


いずれオスより鮮やかなメスも撮ってみたいと思いますが、まずはオスが撮れて鳥友に感謝!
タマシギ<玉鷸>:留鳥、水田、休耕地田、蓮田などで見られる。一妻多夫、オスが抱卵育雛を行う。メスのほうが色鮮やからしい。

More:続きはこちら
[PR]

# by 1951okumusashi | 2013-08-24 18:24 | 野鳥 | Comments(8)