2013年 11月 30日

アイソン彗星Ⅱ

どっこい!アイソン彗星は生きていた。一時は消滅と騒がれたアイソン彗星だが、小さくなったものの生きていた。
SOHOこと太陽・太陽圏観測衛星(Solar and Heliospheric Observatory)はアイソン彗星をしっかり捉えていた。esa&nasa(http://soho.esac.esa.int/)のサイトから勝手に借用した画像です。
太陽に再接近前、確かに、この時は100年に一度の大彗星でした。
e0268015_18351721.jpg

再接近後、やはり突入前よりかなり小さくなり、ほうき星ではなくなってしまいました。
e0268015_18353211.jpg

しかし、扇型の彗星として生きています。これ肉眼では無理?写真に出来るかな?12月4日~10日ごろの夜明け前、東の空に注目!それより4日にNHKが特番組んでいるので、ここで見ることが出来るでしょう。
e0268015_18354276.jpg

この画像は、やや著作権の課題がありますので明日には削除します。
興味のある方は、
http://soho.esac.esa.int/  ←欧州のサイトのほうがつながりやすい
http://sohowww.nascom.nasa.gov/
で確認ください。こちらは、動画となっていますので迫力あるコロナの活動も見ることが出来ます。このコロナに曝されれば氷が主な彗星は解けてしまうのが理解できます。

by 1951okumusashi | 2013-11-30 18:46 | 星夜 | Comments(0)


<< アトリ      白いチョウゲンボウⅡ >>