2013年 05月 06日

信州遠征最終日

ここで本命クロツグミが出なかったら、と後悔し始めたときに現れたのは、レディファーストよろしくクロツグミ(雌)でした。
e0268015_2158822.jpg

直後、雄も現れ、さらにはどんどん近づいてきて、終わりにはノートリサイズまで近づいてくれました。
e0268015_21594584.jpg
e0268015_220189.jpg

なぜ晴天の芝生にクロツグミが出るのか、不思議でした。その訳がこの一枚で解けました
e0268015_2201693.jpg

一番近くで撮れたオオルリ、お腹の白が入るように、もう少し前から撮りたかった。
e0268015_222920.jpg




まだ居た、ウソ(♀)
e0268015_2235815.jpg

キビタキ
e0268015_2241170.jpg

シジュウカラ
e0268015_224303.jpg

ヤマガラ
e0268015_2244612.jpg

こうやって、信州遠征3日間は過ぎてしまいました。
それぞれの現地でお会いした皆さん、お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。」

by 1951okumusashi | 2013-05-06 22:09 | 野鳥 | Comments(3)
Commented by なおこん at 2013-05-09 17:28 x
クロツグミの雌は・・黒くないんですね
知りませんでしたがやはり黒い方がいいなぁ
オオルリのこのブルー鮮やかですね
胸の白が余計にブルーを引き立てるのかもしれませんが・・背中のブルーもお見事です
Commented by ogata at 2013-05-10 21:12 x
なおこんさん
最初、クロツグミがこんな明るい所に出てくるのが不思議でした。あっなにか出た、見た瞬間、えっ、この鳥、あっクロツグミのメスだ!実況を再現するとこんな感じでした。
オオルリは、偶然餌とりに落葉に下りてそのあとえだ止まりしてくれたほぼノートリの一枚です。
Commented by shin9n at 2013-05-13 08:51 x
行ってきました。2場所の梯子撮影
コマドリ、ミソサザイ、コルリ キセキレイ セグロセキレイ ソウシチョウ アオジ ウグイス ホオジロ カケス キビタキ キジなどに会いましたが、ささやぶの中から黒色のニホンカモシカがぬっと出てきたときは驚きました。はじめ、クマだと思って後ずさりしたくらいです。撮影した写真はアップしました。滝方面へ行く途中の見晴しのいいところのお立ち台にいたキジには驚き、車から降りて撮ろうとしたのですが、撮影に失敗…無念でした。


<< フクロウ      コアジサシが来た >>