奥武蔵の自然

musashi60.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 31日

久々に

鳥友から電話をもらって、出かけようと思ったら足がない。幽霊なら飛んでも行けるが、枯れたとはいえまだ生身の体、せっかくの情報も霧雨と一緒に流れてしまった。足(車)ないことを忘れていた。長年の習性とは恐ろしいものである。そんなことで家の周りに咲いていた「白いホトケノザ」を撮りました。
e0268015_16444116.jpg
e0268015_16445160.jpg

これが普通のホトケノザ
e0268015_1645282.jpg

ヒメオドリコソウ
e0268015_16453922.jpg

ホトケノザ:春の七草のホトケノザとは異なる。春の七草のホトケノザはコオニタビラコ(キク科)。

by 1951okumusashi | 2013-03-31 16:50 | 野草 | Comments(4)
Commented by shin9n at 2013-04-03 09:57 x
ogataさん
白いホトケノザってあるんですね。驚きました。
露草に・・白い露草があって毎年撮影していますが
それと意味合いが似てる感じがしますね。
この頃は鳥に比重をあまりおかないで何でも撮影するように
なりました。年ですかね・・・重い機材を持つのが嫌になっています。
Commented by ogata at 2013-04-06 17:47 x
shinさん、レス遅くなりすみません。白いホトケノザは、霧雨の中家の前を散歩しているとき見つけて、ブログにアップするものがないので撮ってみました。新しい望遠ズームの撮り具合はいかがでしょうか?あのレンズはそんなに重たくないでしょう。
Commented by なおこん at 2013-04-06 19:16 x
白いタンポポは良く見かけますがホトケノザは初めてです
綺麗ですね~~
ギリギリで黄レンジャク撮れました  待ち時間5時間。。。待ちくたびれましたがボウズじゃなかっただけ良かったです
Commented by ogata at 2013-04-06 21:45 x
なおこんさん、こんばんは
間に合ってよかったですね。
何とか私も間に合いました。雨の前に出かけてきました。


<< 羅臼の鷲達(総集編)      やっと逢えた >>